今まで気づかなかったが自分は早漏らしい。でもこれって普通じゃないらしい!このままじゃ彼女が出来た時に満足させられないってこと?もしかして引かれる!?そんなわけにはいかないさ!だって初めては一度きりしかないんだ!早漏って、治せるんだよね?!

早漏って治せますか?

記事一覧

持続時間が短い若年性の早漏について

早漏は若年性のタイプのものと、資質としてのものがあるとされています。若年性タイプの早漏の場合は年齢を重ねるごとに徐々に症状が改善する場合が多いのですが、資質として早漏の症状がある方の場合はなかなか早漏の症状が改善しないケースもあります。そういった方が持続時間をなるべる長くして早漏を改善するためには、いくつかの対策があります。まず身体の資質として、仮性包茎などの症状があると、どうしても日頃の刺激が少なくなってしまい刺激に弱くなって、それが原因になって早漏になってしまうことがあります。ですので仮性包茎で早漏の方は包茎手術を受けて包茎の症状を改善する必要があります。実際に仮性包茎の手術を受けると日頃の刺激も自慰行為や性交渉などの刺激も増すので、徐々に持続時間が長くなり、早漏の症状が緩和してきます。包茎手術は入院の必要がなく、気軽に受けることが出来るので、仮性包茎で持続時間に不満がある方は一度包茎手術を行っているクリニックを受診するとよいでしょう。またそれ以外に持続時間を長くする方法としては、性交渉の時にコンドームなどを使用して実際の刺激を抑制するやり方があります。この方法だと刺激自体が緩和するので効果が抜群で、費用もほとんどかからないので、気軽に行うことが出来ます。またそれ以外に刺激を低下させるクリームを局部に塗りこむやり方も存在しています。それらの刺激を抑制するタイプの対策では、手術などのリスクなく簡単に対策が出来ます。ですが効果としてはありますが、刺激が少ないので満足度としては低くなってしまいます。持続時間を長くするには色々と方法がありますが、持続時間を長くするだけではなく満足度も高めるために色々と工夫しましょう。

続きを読む

数秒で射精してしまう早漏症とAD式早漏克服術

日本は、勃起障害や射精障害などの悩みを抱える男性が増えています。
勃起障害や射精障害を発症するのは、中高年だけではありません。
若い世代でも、ストレスなどが原因で、勃起障害や射精障害を発症する人が少なくないのです。
性行為の時に、早く射精してしまうことを早漏症と呼びます。
中には、数秒で射精してしまう人もいます。
早漏症は、射精障害の一種で、慢性化すると治りにくいケースもあります。
勃起障害を発症してから、早漏症の症状が現れることもあります。
早漏症は、亀頭が過敏になっていたり、包茎が原因の場合もあります。
亀頭が過敏になっていることで早漏症を発症している場合は、一時的に亀頭を麻痺させる麻酔クリームを使って対処することもあります。
昔は、早漏症を治療するための有効な治療薬がありませんでしたが、現在では大手製薬会社が開発した治療薬が販売されています。
治療薬の主成分は、ダポキセチンです。
SSRIに分類されるダポキセチンは、臨床治験により改善効果が認められています。
ダポキセチンは、副作用が少ないことでも知られています。
しかし、治療薬を服用して、頭痛や下痢、蕁麻疹などの症状が現れた場合は、すぐに病院で診察を受けた方がいいです。
ダポキセチンは、性行為の1時間前に服用します。
効果は、3時間から5時間ほど持続しますが、持続時間には個人差があります。
早漏症の治療は、薬物治療の他に、行動療法や精神療法もあります。
骨盤底筋群のトレーニングやAD式早漏克服術なども有名です。
心因性の早漏症の場合は、カウンセリングを受けることで症状が改善するケースもあります。
現在、様々な治療方法がありますが、自分に合った治療方法を選ぶことが大切です。

続きを読む

早漏に悩むSEXの素人は勃起の仕方に着目

SEXの経験の浅い素人の方は、早漏に悩まされるケースが多いです。
そもそも早漏とは下半身ではなく、脳の快感の感じ方の問題なのです。
SEXはペニスが快感を覚えるのではなく、脳がそう感じ取っているにすぎません。
つまりは脳が興奮状態にあると、通常よりも早く射精してしまうのです。
SEXに慣れている方は興奮のコントロールが上手ですし、何より場数を踏むことで興奮に対する免疫があります。
興奮をコントロールできれば、射精調整により射精までの時間を延ばすことも可能になります。

素人の方は勃起力が非常に高い傾向があり、それゆえにより大きな快感を感じ取っているのです。
勃起力が高まるほどSEXの快感も強くなるので、射精まで早くなることはよくあります。
性的興奮に対する免疫がない素人の方は、とにかくSEXを重ねるしかありません。
最初のころは早く射精するのは当然のことであり、そこにコンプレックスを感じる必要はありません。
1年間も定期的にSEXを行っていけば解消するはずです。
もし解消しない場合は、包茎により亀頭が鍛えられていない可能性もあります。
真性包茎は亀頭が過敏になることで早期の射精を促すので注意してください。
仮性包茎は普段から亀頭を露出しておけば強化されるので、こまめに剥くようにします。
トイレに行くたびに剥くクセをつけておけば、自然と剥けた状態を維持できるようになるでしょう。
勃起したときに自然と亀頭が露出するのがベストですが、それが無理な場合はローションを使用するなど工夫をする必要もあります。
ローションを塗っても剥くのが痛いようなら、手術で包茎を改善するべきでしょう。
剥くときに難なく剥ける程度の包茎なら手術の必要はありませんが、痛みを伴うようなら考えるべきです。

続きを読む

高須クリニックで感覚を鈍くすれば早漏は治ります

早漏とは、性交時に、男性側が、とても早く射精してしまうことを言います。早い人だと、女性の膣内にペニスを挿入してから、1分から3分ほどで射精してしまいます。これでは、性交を楽しむことができません。また、女性側にも快楽をもたらすことができません。

早漏は訓練で治すことができると言われています。一番簡単な方法は、性交時の前にオナニーをして、射精をしてしまうことです。この方法を用いれば、性交時の射精を遅らせることができます。しかし、射精ができなくなったり、また、射精の量が減ったりといった問題が起こる場合もあります。

早漏の改善には、薬がもっとも効果的です。抗うつ薬のダポキセチンは、射精の時間を遅くするという効果を持っています。この薬はヨーロッパで開発され、イギリスやフランス、ベルギー、フィンランドなどで、使用されてきました。2012年にやっと日本でも使用の認可がおり、輸入されるようになりました。この薬は大規模な臨床試験を行っており、30ミリグラムのダポキセチンを投与した患者は、2分47秒の射精の遅れを、60ミリグラムのダポキセチンを投与した患者は3分19秒の射精の遅れを記録したとのデータがあります。

その他にも、射精の時間を遅らせる方法がたくさんあります。もっとも簡単な方法は、普通のコンドームより、厚みのあるコンドームを使用することです。こうしたコンドームは市販されているので、簡単に手に入れることができます。厚いコンドームを使用すれば、男性側の感覚は鈍くなり、射精の時間を遅らせることができるのです。また、包茎治療も、早漏改善に役立ちます。亀頭を露出させることで、亀頭の感覚を鈍くし、性交時に射精を遅らせることができるのです。こうした手術は多くの美容クリニックで行われていますが、お勧めなのが高須クリニックです。このクリニックは業界最大手なので、料金も適正で、技術も問題ありません。

続きを読む

早漏でも連発で楽しめる製品の販売店

早漏だとしても、回数を重ねることでパートナーを満足させることが可能です。パートナーの意向によりますが、時間の間隔をあけないで、射精しても続けて性行為を重ねることができれば、雰囲気も壊さずにパートナーを満足させることが理論上できることになります。ただし問題もあり、男性の体力がどのくらい続くのかが課題です。それを改善する販売店がいくつかあります。精力を補えばそれだけ複数回の性行為を連発させることができるはずです。精力剤や滋養強壮剤、またパートナーとの行為を楽しむための媚薬などを用いると良いでしょう。インターネットには数多くのそれらの製品を購入できる販売店があります。

また早漏そのものを改善することも可能です。医薬品を服用するだけで射精をコントロールできるようになる画期的な医薬品が発売されています。脳内の興奮度を抑える物質を多く補充することで早漏を改善する方法です。画期的な医薬品になりますが、販売店が限られています。市販では売られておらず、専門クリニックに通う必要がありますが、その数も少ないです。ただ個人輸入を通して購入することができます。海外の格安の医薬品を購入することができることから、専門クリニックの保険診療外も問題解決してくれるはずです。

ただ医薬品であることは忘れないようにしましょう。副作用が少ない医薬品ですが、持病がある方はリスクが高まり、併用してはいけない医薬品もあります。主治医と相談して早漏改善薬の服用を検討してください。副作用は主にほてりがあげられ、胃腸に関する報告も多いです。医薬品になりますので、最初の服用はやはり専門クリニックを探し求めて、医師の管理下で服用した方が安全に使うことができるでしょう。

続きを読む