早漏って治せますか?

今まで気づかなかったが自分は早漏らしい。でもこれって普通じゃないらしい!このままじゃ彼女が出来た時に満足させられないってこと?もしかして引かれる!?そんなわけにはいかないさ!だって初めては一度きりしかないんだ!早漏って、治せるんだよね?!

早漏って治せますか?

早漏は薬で改善できる

多くの方が悩んでいる早漏には明確な定義はありません。
一般的には、膣内に挿入してから数秒~数分で射精したり、あるいは挿入する前に射精してしまうことが定義づけられています。
病気ではありませんが、パートナーとの関係が悪化したり、自分に自信がなくなることで、女性との関係を避けるといったこともあります。
早漏の原因は器質性と心因性の2つがあり、器質性早漏は、神経や血管に何らかの問題があります。
脳が性的興奮を感じていても興奮物質が途中で阻害されるため、性交渉時に中折したり、半勃ち状態になってしまいます。
心因性の早漏は、若年世代に多いのが特徴です。
性交渉経験が少ないことから、不安感が優先し緊張することで中折したり、半勃ち状態になってしまったり、射精までの時間が極端に短くなってしまうのです。
これを繰り返すことで、精神的なダメージを感じたり、女性や性交渉にコンプレックスを持つことがありますので、注意したい症状です。
本格的な治療法としては、泌尿器科クリニック相談すると良いでしょう。
すでに、早漏治療薬としてプリリジーを服用できます。
プリリジーの有効成分ダポキシーがセロトニン濃度を維持するので、勃起の持続、中折れ防止、ペニスを硬くするといった効果を期待できます。
プリリジーはセロトニンの再取り込みを阻害するため、効果を感じられるのは、心因性の早漏に悩んでいる方です。
年代的には20代~40代で早漏に悩んでいる方におすすめの治療方法です。
また、プリリジーはED治療薬と併用できるので、器質性の方の早漏を改善します。
病気ではないけど、日常生活にダメージを与える性交渉をスムーズに進めるために、プリリジーで射精防止できます。

早漏を引き起こす原因は心の問題

心の問題によって早漏を引き起こすことは多く、それらは下半身に関係するものです。

SEXに不慣れだと早漏を招きやすいですが、短小のコンプレックスによって早く射精してしまう方もいるのです。

短小とは無関係に思えるでしょうが、些細なことでも下半身に関するネガティブ要素があれば、早漏を招いてしまうことはあります。

包茎は亀頭が強化されにくく、確実に早漏を招きやすくなります。

本来の亀頭は粘膜質で刺激に弱いのですが、年齢を重ねることで少しずつ強化されていきます。

亀頭は衣服と接触することでも強化されますが、真性包茎の方はいつまで経っても亀頭が粘膜質のままです。

この状態を改善するには包茎手術を受けるしかないので、泌尿器科や専門医院で治療を受けてください。

仮性包茎は特に手術は必要ないですが、症状の度合いによっては早期の治療を求められます。

剥くことはできるけど痛みを伴う、真性またはカントン包茎に近いという状況なら手術が必要になることもあります。

いずれにせよ、包茎に不都合を感じている状況なら、医師に相談してみるべきでしょう。

EDが原因で早漏を招くことも多く、この症状はある程度年齢を重ねた方がなりやすいです。

勃起不全になるとペニスの勃起力が弱くなったり、挿入時に中折れしたりします。

この症状を改善するためには、ED治療薬の服用が効果的です。

早漏だから必ずしも早漏治療薬が必要になるわけではなく、ED治療薬だけで治ることも多いのです。

心因性のEDも早漏の原因となりやすいので、早めに治療をしておきましょう。

下半身の問題は何も対策をせず、自然に治る可能性は低いのです。

医師に相談をすることは、原因の特定も行えるので便利です。

EDを改善するために注意するべき生活習慣についても教えてくれます。

早漏はパートナーの理解も必要

早漏に悩んでいる男性は、パートナーに相談して一緒に治すことで効率良く克服できます。
女性の早漏に対する考え方は様々ですが、中には遅漏の方が嫌だとか、自分との性行為で強い快感を得てくれたのが嬉しいなど好意的な姿勢も多いです。
早漏克服サイトには、女性は性行為のテクニックがない男性を嫌うという主張がほとんどですが、実際は女性は男性を優しさや社会的ステータスなど様々な観点から評価しているため、性行為で満足させられなくてもすぐに捨てられるわけではありません。
むしろ早漏であることが原因で自信を無くし、あらゆることに消極的になった男性に嫌悪感を抱く女性が多いです。
悩んでも解決することではないので、女性に話をして少しずつ改善することを理解してもらえれば、性行為へのコンプレックスを軽くできます。早漏の原因には性行為への緊張やそれ自体に慣れていないことも挙げられます。
もし経験人数が少ないなどで女性の扱いに慣れていない場合は、パートナーにリードしてもらって、射精をコントロールしてもらうのも解決策の一つです。
一度上手く性行為ができれば自信になって、正常に射精できることもあります。もしなかなか改善しなくても、前戯を長くしたり終わった後に落ち込むのでなく、ゆっくりスキンシップをとることでパートナーの満足度も上がります。
あらかじめ早漏であることを知っているので、パートナーがあえてそれを責めることは無いと考えて良いです。
薬やトレーニングなどで一生懸命に治そうとしている姿を愛おしいと感じる女性もいるので、改善したい気持ちだけは捨てないようにします。
パートナーの優しさに甘えてしまうと、本当は不満に感じていたパートナーから愛想を尽かされてしまいます。